NO.9484415 2021/05/16 19:08
明石家さんま65歳、ワクチン打ちたくない理由は「打ったら体が変わってしまう」
明石家さんま65歳、ワクチン打ちたくない理由は「打ったら体が変わってしまう」
 明石家さんまが、15日放送の『MBSヤングタウン土曜日』(MBSラジオ) で、65歳でありながら、 新型コロナウイルスのワクチンを接種しない意向を表明した。


 さんまは、同じく65歳の浅田美代子から昨日、「ワクチンどうするの?うちは(接種のお知らせが)来たけど?」といった電話がきたことを明かした。この相談に対し、さんまは「僕は打たないつもり。誰かに回してあげたいと話した」と振り返った。

 一方、浅田は「私どうしようかなぁ」と悩んでいたそうで、これに彼は「いやあ、美代子さんも打たないほうが(いい)」と勧めたと告白。理由としては「今まで2人とも菌にかかったことないから」というもの。

 今年7月で66歳になるさんまは、「66年間、一回も(ワクチンを打ったことが)ないんですよ。ここでワクチンを打つと、体が変わってしまうので俺は打たないって(決めている)」と述べた。

 続けてさんまは、浅田とのやり取りを回想。彼女が「でも私、どうしようかしら?打ったら頭が良くなるかも分からない」と言っていたため、さんまは「(腕に)注射するよりも頭に打ったらいい」と助言したそう。このアドバイスに「(浅田は)『ひどーい』と言ってそれから電話こなくなりましたけど」と笑っていた。



【日時】2021年05月16日 15:30
【ソース】RBB Today





#37 [匿名さん] :2021/05/16 19:23

>>0
社会の為に率先して打つ気が無いなら迷惑だから早く*


#32 [匿名さん] :2021/05/16 19:21

志村けんの元に行け


#36 [匿名さん] :2021/05/16 19:22

>>32
さんまは、ガールズバーのねえちゃんの太ももなめたりしないから大丈夫